D.U.C.K (改)

R氏がミリフォトで見つけた アレスアーマー社のD.U.C.Kの改良版?・・・
以前、このブログでも紹介した D.U.C.K

これの改良されたのが・・・

untitledee42ww.jpg

untitledee42wwee.jpg

16587502846_d01d8e527b_o.jpg

150528-M-SV584-119ww.jpg

S__15294492.jpg


本来のこのリリースシステムはサイドのバンドを2本のワイヤーを抜くことでリリース出来る様になっています。
しかし、この改良版はその左右のサイドとショルダーの左右がばらせる様になっています。しかも、胸のリリース1箇所を引っ張ることでリリース出来るみたい・・・


    作ってみたwww

IMG_3333ww.jpg

IMG_3335ww.jpg

仕組みは簡単で
サイド左右は従来と同じ感じで延長したワイヤーを通し・・・

IMG_3337ww.jpg

ショルダー部分は元々アジャスター部分に通っているベルトを一旦外し、再度 アジャスターの隙間にベルトを通し、そこにワイヤーを通す・・・・

IMG_3338ww.jpg

IMG_3344ww.jpg

引き抜くと・・・・こんな感じでばらせますww

IMG_3339ww.jpg


ワイヤー・・・・上下で長さが違います。中心部分はワイヤーが抜けないようにアルミのスリーブでかしめました。



IMG_3340ww.jpg


ワイヤーは自転車のワイヤーロック(2m)のを使いました。ww
丁度 ワイヤー径も4.5mmでナイロンコーティングされていてGood!

左がオリジナルのリリースワイヤー・・・・

IMG_3346ww.jpg



実際、引っ張ってみると下のサイドはすんなり抜けるのですがショルダー部分は抜け難かったww

私のはMCPCでやってみましたがSPCでも出来るみたいです。

スポンサーサイト

Bandage・・・・

L1A1はひとまず終了~・・・
で次はその銃に付けている小物をww

※参考ミリフォト
aus_sas_3_450.jpg

28541ww

Scan20002ww

銃のストックやサスペンダーなどにビニールテープで巻きつけてあるバンテージ(包帯)

$_57ee3zzz

$_57zazzz

$_575r4zzz

これらの包帯はWW2ぐらいからあってこのタイプはイギリス軍などで使われていたタイプみたいです。
実物も海外のオークションとかでも見かけますが珍装堂のおじさんは作ってみましたww

要は袋状の物にそれっぽく中身を入れて(プチプチを入れました)それっぽいものを印刷して出来上がり!

IMG_2829ww

NCM_0773ww

IMG_2835ww

まぁ所々印刷がかすれていますがそこは味・・ってことでww

サイドプレートポーチ

以前、Ares Armor社の D.U.C.Kを紹介しましたが、それのサイドSAPIのポーチをGET!

ミリフォトでも確認できますがMEU11th なんかが装備していたと思います・・・

ppw1.jpg

PDVD_005ww.jpg

ppw2.jpg

ssa1.jpg




でこんなの・・・

Ares-Armor-Side-Plate-Adapters-01[1]

ミリフォトでも何故か裏表逆に付けているのですが(ウェビング面が表)なぜなんでしょうね?

Aspis-72dpi650x433rgb-8.jpg

Aspis-72dpi650x433rgb-11.jpg

IMG_2046ww.jpg

IMG_2045ww.jpg

se01.jpg


サイズ的には幅6インチサイズ(15cm)のSAPIが入ります。
サイドSAPIはトイソルジャー製の物がちょっと幅が広くポーチに入らなかったので6インチ幅のセラダイン風のものを作ってみましたww

IMG_2551ssss.jpg

IMG_2553eee.jpg


IMG_2743ee.jpg

IMG_2349ww.jpg

ミリフォトと同じようにウェビング面を表にして付けてみました・・・



HEL-STAR6

ヘルメットの後部によくストロボライトなんか付けている画像がありますが、ちょっと前ならMS-2000なんかのストロボライトを付けている画像をよく見かけましたが最近じゃコレ・・・

CORE SURVIVIAL社のHEL-STAR6  なんか付けていたりしますね~

hl1.jpg

hl3.jpg

hl2.jpg



hl5.jpg

スイッチを入れると本体四隅がグリーンに光り、切り替えによっては 点灯、点滅、IRライトの点滅などします・・・

hl4.jpg


で例によってこれらもレプリカが大陸から出てまして見た目はなかなかの出来でちゃんとそれらの機能も果たしますww

hl6.jpg



本物を購入しようとしましたが予算の関係でレプリカを購入ww


で 見た目は本物と遜色ないのですがそこは珍装堂・・・プチ改造ww

とは言っても本体内部に貼ってある製造ナンバー?機種ナンバー?らしきものを作って貼っただけ・・・

hl7.jpg


本体6箇所のビス及びスイッッチなどを外しカバーを取る・・

そこに透明のプリントシール紙に文字を印刷  

それを電池カバー上部に張り付けるだけ。

hl8.jpg


カバーを取り付けるとより本物っぽくww

hl9.jpg


hl10.jpg


D.U.C.K・・・

最近 ミリフォトを漁っていると気になるフォトが・・・

140728-M-HM491-016www.jpg


脇腹の3本のバンド・・・

なんじゃこりゃ?

知れべてみると・・

Ares Armor 社の D.U.C.K  Derma Universal Cummerbunb Kit らしい

140515-M-ET630-015www.jpg

3676327_2104926005_169large.jpg


なんかちょっと変わっていてカッコいいww


で 早速GET!

IMG_1898ww.jpg


なんかすごく簡単なキットww

特に海上での臨検なんかの作戦時に誤って落水した時に瞬時に重たいアーマーを脱ぎ捨てられるようにリリース部分が簡素化された感じですかね~
 確かにこのメーカーの動画見ているとそれがよくわかりますww

IMG_1899ww.jpg

バックル部分は今流行りの?ww コブラバックルになっています。

これが取り付けられるアーマーは SPCやMCPC前面がベルクロでカマーバンドが取り付けられているタイプでそのカマーバンドの代わりにこれを付ける感じですね・・

IMG_1945ww.jpg


全面はこんな感じでワイヤーを通すループ(ビデオのは1本のベルクロで左右に黒いループがついていた)をアーマー本体に取り付けバックルをワイヤーに通して取り付ける・・・

IMG_1946ww.jpg

後ろは横のパルスに付属の2重になったウエビングを1つおきに縦に通しその隙間に3本のバンジーコードを通す・・

IMG_1947ww.jpg

リリースするときはワイヤーを引っ張ればバックルが付いたままばらせます・・


しかし・・ビデオを見る限りそのワイヤーは下から抜いてリリースできるように取り付けていますがなんかワイヤーが短いのでなんかの拍子に抜ける感じがして・・・

私的には上向きに抜けるようにした方が良いかなと・・    SPCやMCPCでもそのリリースワイヤーのハンドルを上にしているのもミリフォトで確認できますし・・・

IMG_1948ww.jpg


で  上向きに取り付けてみましたww

これなら上の金具がループに引っかかってワイヤーが抜け落ちる事もなくワイヤー自体も短いので引っ張るのに支障は全然問題ないです。

IMG_1949ww.jpg


完成~!






プロフィール

kouhey!

Author:kouhey!
珍装堂 店長です。 ミリタリー関係の装備、小物など 収集及び製作をしております。別に店舗を構えている訳ではありませんのであしからず・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる