SEA 加工  その2

次はこの加工することによって本物
に見える?ww 加工・・

sea04.jpg

本物のSEAは矢印の部分金属でメッキ加工されています。

しかしながらレプリカは金属ではありますが黒染めになっています・・それとくわえる部分のホースの接続部分のナットは樹脂・・


IMG_0902ww.jpg

それらを分解及び切断・・

IMG_0904ww.jpg
IMG_0905ww.jpg

樹脂のナット部分は後に接続できるようにボルト&ナットを埋め込み・・

それぞれのパーツをメッキ加工!

ca7ww.jpg

メッキ加工自体、 珍装堂では出来ないので専門業者へ発注ww

で  組上げると・・

IMG_0049ww.jpg


おお~  完璧ww

IMG_0048ww.jpg

ついでにホースにホワイトマーカーでそれっぽく注意書きww


ちょっとまえに使っていたHABD(これ本物) と並べても見劣りしないww

IMG_0046ww.jpg





スポンサーサイト

SEA  加工その1

まずは簡単な加工・・

レギュレーターのツマミ・・
実物を見るとつまみの根元部分にスリットがありそこから赤い樹脂のワッシャー?らしきものが見えます。取り扱い説明書にはそれが何か書いていましたが英語なので???

mk2

それから ツマミ中央のネジ・・

sea20mk2ww.jpg


これら2点を加工・・て言うか追加ww

IMG_0026ww.jpg


赤いワッシャーは ツマミのスリットに赤い被覆のリード線をスリットの長さに切り埋め込むだけ・・スリットは計4箇所

ツマミのネジは径が10mmぐらいのマイナスが切ってあるネジ
これはたまたま工具箱の中にあったネジを利用・・たぶんヘルメットマウントを止めるネジだと思うww
もともとのツマミネジ部分をリューターなどで削り そこへそのメッキのネジを接着・・


ww (1)


このダミーのSEAは黒い無垢の塊なのでこの様な加工でちょっとはらしく見えますwww

でもまだ加工は2へ続く・・・

SEA Mk

ヘリコプター搭乗時やVBSSなんかの作戦時に装備で携帯している 
urvivalgressir 緊急用酸素ボンベ・・

これも種類が2種類あって AquaLung社製の MkタイプとLV2タイプ

特殊系がよく装備しているのがMkタイプ

110216-M-VX252-174www2.jpg

sea20mk2.jpg


一般系がよく装備しているのがLV2タイプ

6322834651_2cb064a04e_b.jpg
gearlocker01-img600x426-1339949132bk0pp712200.jpg


違いと言ったらくわえる口の部分ですかね~ ボンベ本体などは同じだと思います・・

ボンベの容量も種類があるみたいで長いのや短いの・・

uwbd.jpg

まぁこれらも本物を買うとしても結構高いしコスするにはレプリカでもいいんですがww
そこでやってくれました!大陸からこれのレプリカがでました!
Mkタイプのダミー  ボンベはショートタイプ・・

IMG_0903ww.jpg

出来はそこそこで実物をそのまま型取りした感じですね

でっ 珍装堂はこれから手を加えてそれっぽくしていきますww

続く・・
プロフィール

kouhey!

Author:kouhey!
珍装堂 店長です。 ミリタリー関係の装備、小物など 収集及び製作をしております。別に店舗を構えている訳ではありませんのであしからず・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる